研修旅行に行ってきました

 

 

H29年5月11日から2泊3日の研修旅行で中国・四国地方に行ってまいりました。

1日目は出雲縁結び空港から出雲大社へというコースでスタートし、美肌の湯と言われる玉造温泉で1泊でした。

 

世界遺産と言われています石見銀山世界遺産センターでは、昔この土地で銀がたくさん採れたので世界の国々との国交の際に銀が使われたという説明をお聞きしました。この当時は貴重な資源だったようです。

 

 

 

二日目は島根県の足立美術館で日本庭園のの散策と日本画を鑑賞致しました。

この庭園は米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ ジャパニーズ・ガーデニング」による庭園ランキングで、14年連続日本一を受賞しているとのことだけあり枯山水庭などとても風情があり見事でした。

中国地方を縦断しているやまなみ海道を2時間余りかけ南下し、尾道水道が一望できる千光寺公園に行きました。

 

眼下に広がる尾道の町並みの向こうにはしまなみ海道が広がりその先には愛媛県の今治~松山の道後温泉へと通じています。ここを目的地にして向かいます。





かの有名な道後温泉本館です。                           「霊の湯」と「神の湯」の2つの浴室があり、「霊の湯 三階個室」「霊の湯 二階席」「神の湯 二階席」「神の湯 階下」というコースがあります。日本で唯一の皇室専用の浴室「又新殿」や小説「坊っちゃん」を書いた文豪・夏目漱石も使ったという「坊っちゃんの間」の見学もできます。

ここは「千と千尋の神隠し」の舞台にもなった湯屋のモデルに使われたとも言われています。ハイカラ通りにはジブリのグッズなんかも多数売っておりました。

ここのお湯は一生に一度は入っておいたほうがいいと思います。確かに今までに感じたことのないお肌のツルツル感がありました。

3日間神様のパワーと温泉のパワーをいただき、充電できた良い旅行になりました。今後の活力に生かして行きたいと思います。

 

2017年05月20日