宅建協会通常総会・年次大会開催

 

 

H29年5月24日長野県宅建協会の通常総会が行われワタクシ管理人も出席して参りました。

今年度の事業計画・予算案について話し合われました。私たちの年会費が協会の様々な所で使われていることを知り、これからも研修会等に参加し倫理綱領にもありますように「依頼者と地域社会の信頼にこたえるよう常に人格と専門的知識の向上に努める」を肝に銘じていきたいと思いました。

総会・年次大会のあとは笑点でもお馴染みの三遊亭 円楽師匠の公演会がありました。約1時間余り笑いを交えながら「笑いと健康」についてお話してくださいました。人間は気持ちの持ち方次第で痛みも和らぐし、楽しかったり集中している時には痛みを感じない。人生は人に必要とされるような生き方をしたいですねと。年をとってもやることがあると老いずに長生きできるとおっしゃっていました。

気持ちの持ち方次第で人生は良くも悪くもなるのだなと思いました。これからも苦労しながらも人生を楽しんで生きたいと思いました。

祝賀会では名物の「善光寺木遣り」の皆さんが来て素晴らしい木遣りを発表してくださいました。迫力のある歌声が耳に残っています。

 

 

 

 

 

 

長野県宅建協会の長澤会長を始め、他県の協会会長様方で行われた樽酒の鏡開きがあり、祝賀会は開催されました。創立50周年ということもあり大勢の宅建業者さんが集い、名刺交換をしたりとても充実した会になりました。今後の横の繋がりになることを期待しつつ閉会になりました。

2017年05月24日